Q

紆余曲折しつつ、「500枚らくがきしたらペンタブ買おうか」という謎企画を始めたのでちまちま投稿しようと思います。Twitterでやってるんですけどあまり過去になると辿れなくなるのでサイトにも登録します。8/24から始めていて、これやると白黒の落書きがサイトに大量に投稿されてしまうので、どうしようかな~と思ってたのですが、こだわって更新しないよりマシだということで。途中で気が向いたらイラリクでたまりまくっているやつとかも描くかもしれません……たぶん。でへへ。

なぜ目標を500枚に設定したかというと、だいたいペンタブと周辺機器の予算でなんだかんだ50,000円はかかるんじゃないかという見積もりで、1枚100円として、500枚です。期間的には決めてませんが1年で達成できたら我ながら大変な偉業ではないかと考えております(自分に甘い方針)。

ただ、500枚も描くとなるとネタが尽きる心配があるじゃないですか。なのでなんでも総動員して描くつもりです。いまは自分のオリジナルキャラを古い順に思い出せた子から描いてるので、たいへん、楽です。いまだに覚えている子=頭に入っている子なので、デザインはもちろん、表情にしても、なんにしても「ポン」と出てくるので時間がかからないんです。そうじゃない子は、資料集めたりから始めます。服や髪とか見た目はもちろんなんですけど、いちばん時間がかかるのは性格や周辺キャラとの人間関係の把握。イメージ壊さないようにと気を払って表情やポーズ考えたり、時には練習しないとロクに似ないこともあるし、そういう場合は同じ「らくがき1枚」でもすごい労力が必要になるので、「大変な題材」と「楽にこなせる題材」というのをまず分けて考えないと続けられないくらい疲れてしまいます。続かなきゃ意味がないので「続くことが最優先」でプランを組みます。

で、これが1枚目なんですけど、この子はたぶん物心付く前に作った手描きの便箋のキャラです。イラスト便箋で原稿が手描きなのはまあまあ当たり前のことですが、コピー機に手が届かないような時代だったため、便箋の1枚1枚が生原という意味での「手描き便箋」でした。今から考えるとおそろしいことですね。ですが、案の定けっきょく「大変すぎる(当時めちゃくちゃお手紙描きまくっていた時代だったので)」という理由ですぐにやめました。チャレンジングな時代が私にもありました。

進捗ですが8/24開始の9/16現在でまだ30枚という体たらくです。平日はほとんど描けてません。それでも6%なのでこの調子で行けば10ヶ月くらいで達成できそうですね!と、思いたいのですが、土日祝日も朝から深夜まで仕事するような時期もあるので、そういう時期に入ったり病気になったり怪我したり猫が弱ったりするとどうなるかはわかりません。行けるとこまで行ければ良いねぐらいの気持ちで。これやってると暇なんだと思われるのか依頼して来られる方もいらっしゃるのですが受けません。えへへ。諸事情ありましてペンタブを早急に購入したいんです。だったららくがきなんて謎のハードルを設けてないでとっとと購入すればいいと思うでしょう。私もそう思います。一体全体わけがわかりませんが、たまには絵を思うさまもりもり描いてみたいので描いてます。どうぞよろしく。

コメントする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 承認制です